年齢のことを如実に感じる瞬間について

年齢のことを如実に感じる瞬間は、体力が衰えたと自覚したときです。若いころと比べて満足に動けなくなった、行動力が落ちてきた、すぐに息が上がってしまうなど、年齢が上がれば上がるほど体力の衰えを自覚せずにはいられません。

 

そういうことがあるとどうしても「年齢のせいだろうか、歳を重ねてしまったな」と、年齢のことを気にします。ですが、だからといって気落ちする必要はないです。

 

 年齢が高くなれば体力は衰えて当たり前ですが、それをわかっているなら体力維持に努めれば良いのです。

 

いくら年齢を重ねても運動をすればある程度の体力維持はできますので、そのための努力をすれば大丈夫です。体力の衰えを自覚するとついつい年齢を気にしますが、その対処方法はいくらでもあるのです。

年齢の不思議

昔老けていた人が、年齢を重ねてくると年相応に見えるようになる場合も多々ありますよね?

 

子供のときに老けていたとしても、大人になってからは若く見られる人もいます。
年齢というのは非常に不思議なもので、年齢によって相手への対応も変わることも多く、対人関係では年齢は大きな役目を果たすことも少なくありません。

 

年齢が若く見える人の方が得かと言われれば、必ずしもそうとは言えないですよね?年齢が若く見えることで、年下の人にタメ口で声をかけられることもあるかもしれません。

 

それも悪くはないかもしれないですが、初対面ではあんまり嬉しいことではありません。年齢は本当に不思議なものなので、いつも考えさせられますね。できるだけ年齢が上の方には丁寧に接したいです。